同人誌と自転車の旅と色々と……
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅の感想を~坂道(絶望編)
11月18日

 旅の中で印象に残った事というと厳しかった坂道。

主の性質上、大雑把になりますが、ちょっとまとめて
みようと思います。

 これから、旅に出ようと思っている人達の参考になれば
幸いです。 (あくまで主観です(^^;))

 絶望感を味わった道 部門

  1位 鹿児島県の佐多岬に続く道
      佐多岬ロードパークと県道68号
       (錦江町付近からの)
    危険はないものの、登りと下りの複合は帰りの
   道のりを考えると、本気で嫌になってくる。
   基本的に短い距離の登り下りで構成。
   どこでもいえることですが景色は綺麗。

    旅後半は、「あの佐多に比べれば!」と自分を
   鼓舞するのに使ったほど(w    
    252


 そして同1位 長野県県境 国道158号_安房峠
    旅で唯一「あの佐多よりきついかも」と思わせた飛騨山脈越え。
      高山市から来る、手前の平湯峠も結構なもの。
    又、平湯峠を越え平湯温泉まで下った安堵感から、
    もうひと峠は精神的に打ちのめされる。
      なにより、標高1780mはこの旅最高。
      
     ※注意しなければならないのは、その帰り。
     高山市方面に下るのは問題なし。
      しかし、松本方面に下る場合、道は狭く
     路面の溝やクラック、トンネルに漏水など
     危険がいっぱい。
      旅で、一番危険な目にあいました。
     2度と走りたくない道で言えば、ここの下りが一番。
   1117-418


      (ちなみに下りで50~60km位でる事が私の中で、一つの
     判断材料になっています。)

  複数の峠にやってこられると、精神的にきついもので。
 高知市から松山市までなどは、登り一辺倒なので、登ったら下る
 だけという意識のため、精神的には楽でした。   
     
   他に精神的にきついといえば、風景に変化が少なく、直射日光
 にさらされる様なバイパスがタフです。

      ○静岡県沼津市から国道1号

      ○山口県下松市から下関市までの国道2号

     この付近は暑い盛りに通過したので、きつかった。
    せめて、街路樹が多ければ良いんですが・・・。
     また、こういうところに限って、向かい風だったりしたものです(疲

 まあ、通らなかっただけで、きっつい坂道はあるだろうけど。
 私が公開する動画で大よそ確認できる坂だけのランキングになりますm(__)m 
 ご了承下さいませ。
    
      
スポンサーサイト
コメント
コメント
確かに佐多岬は・・・
鹿児島在住のもので、自分も佐多岬に愛車リトルカブで佐多岬に行きました。

まぁあの道のグネグネはすごいし、これでもかこれでもかと続く道に自分も殺されかけました。

ついたときにはすぐさま帰りたいと思う自分がいて、観光どころじゃまったくありませんでした。
2009/11/22(日) 00:25:59 | URL | しん #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。